【MDMA(合成麻薬)について】作用や副作用、覚醒剤との違い、歴史を調べてみた

時事・年間行事

今日はMDMAについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

作用について

MDMAとかエクスタシーってテレビなどで良く聞きますね。

MDMA(メチレンジオキシメタンフェタミンMetylenedioxymethamphetamine)は、興奮作用と幻覚作用を併せ持つ錠剤型の合成麻薬で、エクスタシーなどとも俗称されており、最近、検挙人員・押収量が、急増しています。

http://www.dapc.or.jp/data/index.htm

密着24時の番組でも若者の間で広まっていると話していまたね。

副作用について

 乱用すると、混乱、憂うつ、睡眠障害、不安等があり何週間も後にさえ、存在します。また、脱水症、高血圧、心臓や肝臓の機能不全が生じます。

 大量に摂取すると大変危険で、悪性の高体温による筋肉の著しい障害や腎臓と心臓血管の損傷を起こします

http://www.dapc.or.jp/data/index.htm

2000年に書かれた記事みたいですが、副作用についての記事を見つけたので以下に張っておきます。

Mary Ann Swissler 2000年08月02日

上りがあれば、必ず下りがある。気分をハイにするドラッグ『エクスタシー』に関して言うなら、「下り」は一生続くおそれがある。

エクスタシーは「感情移入をもたらす」薬物とされており、使用者によれば、幸福感が高まり、他の人たちと交流したいという気持ちが強まるという。しかし、セロトニンが尽きると鬱状態が始まる。認識力のほか、記憶力を含む思考作用、痛みに対する知覚、睡眠、食欲、すべてが影響を受ける。

「エクスタシー使用者が使用した翌日に鬱になったり、ふさぎ込んだりするのはこのためだと思われる」とキッシュ博士は述べる。

キッシュ博士によると、トロントではエクスタシーの使用に関連する死亡例が平均して毎月1件報告されているという。1997年には0件だった。トロントにおけるエクスタシー関連死亡例の40%はレイブ・クラブでの使用によるものだ。「レイブ・クラブでのエクスタシーの使用は深刻な問題だ」とキッシュ博士。

緊急救命室に送られる人数や死亡率を測定することは困難だとボレル氏は述べる。「エクスタシーそのものではなく、エクスタシーの摂取に付随して起きる症状が死につながる。少なくともレイブ・クラブにおいては、脱水症がいちばん多い合併症だと思われる」

クーパーさんは、すべてのレイブ・クラブを閉鎖させても解決にはつながらないと強調する。「諸刃の剣だ。警官が閉鎖させようとしたところで、クラブは地下に潜るだけだ。見えないところで行なわれるようになる」。少なくともクラブがあれば、死亡事故が起こった場合に、犠牲者が出たということがはっきりわかると、クーパーさんは話す。

https://wired.jp/2000/08/02/%e3%80%8e%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%80%8f%e3%81%8c%e8%8b%a6%e3%81%97%e3%81%bf%e3%82%92%e3%82%82%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%99/

アルコールを摂取している状態でのMDMAの使用が脱水症状の発見を遅らせるんでしょうね。

覚せい剤との違い

MDMAは、覚醒剤と似た化学構造を有する薬物で、けしやコカ等の植物からではなく、化学薬品から合成された麻薬の一種です。

https://www.pref.kumamoto.jp/police/page127.html

セロトニン・ノルアドレナリン・ドパミンの過剰作用に起因する肉体・精神の変容 作用は神経伝達物質の過剰作用が覚せい剤とにているようですね。

歴史

MDMA は 1912 年、ドイツの大手製薬会社である Merck の化学者Anton Köllischが初めて合成した。 ドイツでは重要性を意識せずに扱われていたり、アメリカでは機密扱いされていたりした MDMA に関して、世界で初めて学術論文として研究結果を発表したのは日本人である。
薬理学者である粕谷豊氏(元東京大学薬学部教授、東京大学名誉教授、元星薬科大学長)が1958年に『薬学雑誌』で発表した論文において、鎮痙薬のひとつとして MDMA とその合成に関して記述している。
誤解なきように補足するが、これはあくまで薬としての研究であって、麻薬としての研究ではない……粕谷氏は日本最初の合成鎮痙薬であるアスパミノールの開発者である……が、粕谷氏が毒性学の専門家でもあることは興味深い。

http://fugenji.org/thomas/diary/index.php?no=r16

アメリカは第二次世界大戦のときに拷問のためにMDMAが使えるかテストしていたようです。怖

まとめ

芸能人の逮捕が相次いでいますが1日も早い社会復帰を望んでいます。

http://www.dapc.or.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました