【保存版 年末調整】これを読めまば年末調整はクリアーできる。~配偶者控除申告書~

時事・年間行事
配偶者控除等申告書の受理と内容の確認
スポンサーリンク

配偶者控除等申告書 の受理と内容の確認

所得金額から差し引かれる金額(所得控除) 国税庁より

分類コード内容
1100所得控除のあらまし
1110災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除)
1120医療費を支払ったとき(医療費控除)
1130社会保険料控除
1135小規模企業共済等掛金控除
1140生命保険料控除
1141生命保険料控除の対象となる保険契約等
1145地震保険料控除
1146地震保険料控除の対象となる保険契約
1150一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)
1160障害者控除
1170寡婦控除
1172寡夫控除
1175勤労学生控除
1180扶養控除
1181納税者が2人以上いる場合の扶養控除の所属の変更
1182お年寄りを扶養している人が受けられる所得税の特例
1191配偶者控除
1195配偶者特別控除
1199基礎控除

配偶者控除の概要

納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを配偶者控除といいます。

控除対象配偶者となる人の範囲

 控除対象配偶者とは、その年の12月31日の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。

 なお、平成30年分以後は、控除を受ける納税者本人の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除は受けられません。

  1. (1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。
  2. (2) 納税者と生計を一にしていること。
  3. (3) 年間の合計所得金額が38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)であること。
     (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  4. (4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

配偶者控除額の金額

 控除額は、控除を受ける納税者本人の合計所得金額、及び控除対象配偶者の年齢により次の表のとおりになります。

控除を受ける納税者本人の
合計所得金額
控除額
一般の控除対象配偶者老人控除対象配偶者(※)
900万円以下38万円48万円
900万円超950万円以下26万円32万円
950万円超1,000万円以下13万円16万円

配偶者特別控除の概要

 配偶者に38万円(令和2年分以降は48万円)を超える所得があるため配偶者控除の適用が受けられないときでも、配偶者の所得金額に応じて、一定の金額の所得控除が受けられる場合があります。これを配偶者特別控除といいます。
 なお、配偶者特別控除は夫婦の間で互いに受けることはできません。

(注) 老人控除対象配偶者とは、控除対象配偶者のうち、その年12月31日現在の年齢が70歳以上の人をいいます。
 なお、配偶者が障害者の場合には、配偶者控除の他に障害者控除27万円(特別障害者の場合は40万円、同居特別障害者の場合は75万円)が控除できます。

配偶者特別控除を受けるための要件

  1. (1) 控除を受ける納税者本人のその年における合計所得金額が1,000万円以下であること。
  2. (2) 配偶者が、次の要件全てに当てはまること。
    1. イ 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません)。
    2. ロ 控除を受ける人と生計を一にしていること。
    3. ハ その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。
    4. ニ 年間の合計所得金額が38万円超123万円以下(令和2年分以降は48万円を超え133万円以下)であること。
  3. (3) 配偶者が、配偶者特別控除を適用していないこと。
  4. (注) 上記(3)について、令和2年分以降は、以下のとおりとなります。
    1. イ 配偶者が、配偶者特別控除を適用していないこと。
    2. ロ 配偶者が、給与所得者の扶養控除等申告書又は従たる給与についての扶養控除等申告書に記載された源泉控除対象配偶者がある居住者として、源泉徴収されていないこと(配偶者が年末調整や確定申告で配偶者特別控除の適用を受けなかった場合等を除きます。)
    3. ハ 配偶者が、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書に記載された源泉控除対象配偶者がある居住者として、源泉徴収されていないこと(配偶者が年末調整や確定申告で配偶者特別控除の適用を受けなかった場合等を除きます。)。

配偶者特別控除の控除額

 控除額は、控除を受ける納税者本人のその年における合計所得金額及び配偶者の合計所得金額に応じて次の表のようになります。

(平成30年分・令和元年分)

 控除を受ける納税者本人の合計所得金額
900万円以下900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下









38万円超 85万円以下38万円26万円13万円
85万円超 90万円以下36万円24万円12万円
90万円超 95万円以下31万円21万円11万円
95万円超 100万円以下26万円18万円9万円
100万円超 105万円以下21万円14万円7万円
105万円超 110万円以下16万円11万円6万円
110万円超 115万円以下11万円8万円4万円
115万円超 120万円以下6万円4万円2万円
120万円超 123万円以下3万円2万円1万円

【参考】

(令和2年分以降)

 控除を受ける納税者本人の合計所得金額
900万円以下900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下









48万円超  95万円以下38万円26万円13万円
95万円超 100万円以下36万円24万円12万円
100万円超 105万円以下31万円21万円11万円
105万円超 110万円以下26万円18万円9万円
110万円超 115万円以下21万円14万円7万円
115万円超 120万円以下16万円11万円6万円
120万円超 125万円以下11万円8万円4万円
125万円超 130万円以下6万円4万円2万円
130万円超 133万円以下3万円2万円1万円

まとめ

  • 配偶者控除には、配偶者控除と配偶者特別控除がある
  • 配偶者控除と配偶者特別控除の違いは、配偶者の所得によって異なる

今日はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました