個人型確定拠出年金について

ビジネス
スポンサーリンク

個人型確定拠出年金とは?

個人型確定拠出年金(以下、iDeCoといいます)は、掛金を自分自身で運用しながら積み立て、原則60歳以降に受取る仕組みです。
毎月いくら積み立てるか、どんな商品で運用するか、どのように受取るか、全て自分自身で決めることができる制度です。

拠出

iDeCoの掛金は、拠出限度額の範囲内で自由に決めることができます。毎月5,000円から1,000円単位で選べます。
掛金は年1回変更可能で、原則60歳まで積み立てます。

運用

自分の運用方針に沿って商品を選択し配分を決めるのが、iDeCoです。指定した配分にしたがって毎月運用商品が購入されます。運用商品は運営管理機関が選定・提示するもののなかから自由に組み合わせて運用できます。

移換

例えば、結婚して会社員から専業主婦になったり、転職して自営業に変わったりしても、iDeCoで積み立ててきた年金資産は、そのまま引き継いで活用できます。(これを移換といいます。)

脱退

確定拠出年金は公的年金を補完する制度であり、原則、60歳まで途中の引出し、脱退はできません。ただし、脱退要件を全て満たす場合に限り、「脱退」をし、一時金として受け取ることができます。

受取

60歳から70歳の間のお好きな時に受け取りを開始することができます。受取方法は年金(分割受取)または一時金(一括受取)から選べます。

運用イメージ

  • 制度運営の主体は国民年金基金連合会になります。
  • 運営管理機関の業務は大きく分けて「記録関連業務」と「運用関連業務」の2つに分かれます。
  • 「運用関連業務」は運用商品の選定や情報提供、加入者に対する教育等を行っています。
  • 「記録関連業務」は、加入者ごとの記録管理や運用指図のとりまとめ等を行っています。
  • 記録関連業務を行う運営管理機関を「レコードキーパー」と呼んでいます。

iDeCoでおトク!3つの税制優遇

毎月の掛金が「全額所得控除」!

たとえば、年収600万円の会社員の方が毎月2万3,000円の掛金を積み立てた場合、1年で約5万5千円おトク!

具体的な例を見る

独身OL Aさんの場合
年齢25歳
年収350万円
毎月掛金1万8千円
年間所得控除額21万6千円
税制メリット3万2,400円
会社員 Bさんの場合
年齢33歳
年収600万円
毎月掛金2万3千円
年間所得控除額27万6千円
税制メリット5万5,200円
自営業 Cさんの場合
年齢44歳
年収750万円
毎月掛金6万8千円
年間所得控除額81万6千円
税制メリット26万9,280円
  • 自営業の方は年収を課税所得として試算しています。
  • 自営業以外の方は収入に応じた給与所得控除、基礎控除、社会保険料控除を考慮して試算しています。
  • 復興特別所得税は考慮していません。

分配金などの運用利益が「非課税」!

毎月1万8000円の掛金を35年間積み立て、年3%で運用した場合、35年で約115万円おトク!

具体的な例を見る

独身OL Aさんの場合
運用益5,678,423円
運用時の非課税分1,153,571円
積立元金7,560,000円
合計金額13,238,423円
税制メリット
(35年間合計)
1,153,571円
会社員 Bさんの場合
運用益3,937,527円
運用時の非課税分799,908円
積立元金7,452,000円
合計金額11,389,527円
税制メリット
(27年間合計)
799,908円
自営業 Cさんの場合
運用益3,616,968円
運用時の非課税分734,787円
積立元金13,056,000円
合計金額16,672,968円
税制メリット
(16年間合計)
734,787円

受取り時は一定額まで非課税!

受取の際に「一時金での受取」「年金での受取」が選択できます。
受取方法により「退職所得控除(一時金での受取)」「公的年金等控除(年金での受取)」の優遇が受けられます。

30年間積み立てて一時金での受取

他の退職所得と合算して
1,500万円まで非課税

60歳から年金での受取

公的年金と合算して
70万円まで非課税

65歳から年金での受取

公的年金と合算して
120万円まで非課税

NISAとの制度比較

  • 確定拠出年金は、老後資金としての積立を目的としており、基本的に60歳まで引き出すことはできませんが、拠出時や年金受取時の節税メリットを生かして、長期運用に適しています。
  • NISAは運用期間が最長5年間で途中引き出しもできるので、子どもの教育資金やマイホームの頭金づくりなど、いろいろな資金目的に非課税枠を活用することが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました