「喧嘩しないカップル」は別れる? 特徴と恋愛傾向

人生

会うたびに喧嘩するカップルと、喧嘩もなくいつも仲良しなカップルがいます。あなたは、どちらのカップルのほうが別れる可能性が高いと思いますか?

多くの人が、前者と考えるでしょう。しかし、結婚を考えたときにはどうでしょうか? 付き合っているうちにお互いに本音で話し合い、それでも結婚にまでいたる2人には、強い絆を感じませんか?

必ずしも、喧嘩するカップルはよくないというわけではありません。今回は「喧嘩するカップル」と「喧嘩しないカップル」について解説していきます。

スポンサーリンク

カップルは喧嘩するほど仲がいい?

まわりの友人カップルで、喧嘩をしている2人を見て仲がいいと感じたことはありますか? 実は、喧嘩にも種類があります。

たとえば、まわりを気にせず喧嘩し、全体の雰囲気が悪くなるほどのものとなれば、実際に2人はうまくいっていないのかもしれません。一方で、喧嘩に見えて実は意見交換をしてコミュニケーションを図っているカップルもいます。

喧嘩にまで発展せず、普段からお互いに冷静に話し合えていることがうかがえます。どうやら、喧嘩するほど仲がいいとは一概には言えないようです。

長続きするのは「喧嘩するカップル」or「喧嘩しないカップル」?

2016年にマイナビウーマンで22〜34歳の女性133人に向けて行われた調査によれば、7割近くもの人が、喧嘩しないカップルが長続きすると感じているようです。

Q.「喧嘩をするカップル」と「喧嘩をしないカップル」、長続きするのはどちらだと思いますか?

ケンカをするカップル(33.8%)
ケンカをしないカップル(66.2%)
※有効回答数133件

喧嘩をしないカップルが長続きするように思われるのは、お互いに冷静でいたり、平穏を求めている表れではないでしょうか。

多くの人は、喧嘩をしたくてしているわけではありませんよね。とはいえ喧嘩が絶えないのに仲良しなカップルもいますし、喧嘩せずに話し合いのないまま別れるカップルもいます。

喧嘩には、どのような意味があるのでしょうか。

カップルにおける「喧嘩」の意味

カップルにおいては、ある目的のための喧嘩が必要です。それは、認識の共有です。

たとえば、結婚はしたいけど子どもはつくらず2人の人生を楽しみたい男性と、結婚をしたら子どもをつくるものと考えている女性のカップルがいたとします。

2人は結婚の話になったとき、主張をお互いに伝えます。そして、描いている家族像にちがいがあることがわかり、深い愛情があるからこそぶつかり合います。

喧嘩は、価値観のちがいをお互いに認識し合うために必要なものなのです。

喧嘩をしないカップルの特徴3つ

会うたびに喧嘩をするカップルには信じられない話かもしれませんが、喧嘩をしないカップルも確かに存在します。

とはいえ、喧嘩をしないカップルだからといって長続きするわけではないのです。喧嘩をしないことには必ずしも前向きな理由があるわけではなく、以前は喧嘩をしていたカップルが喧嘩をしなくなった場合などは、2人の仲は円満とは言えないかもしれないのです。

喧嘩をしなくなったカップルには、どのような特徴があるのでしょうか。

(1)マンネリ化

義務的なLINEのやり取り、デートは定番化、まるで家族のように会話し、お互いの行動も好き勝手やっている状況です。

一見それぞれが自由でいられる縛りのないカップルとも考えられますが、恋人としての意識が低い状態です。

結婚の話でも持ち出そうものなら、「そこまでは考えられない」と即答されるでしょう。

(2)相手に依存している

無自覚に喧嘩を避け、相手に依存している状態です。

たとえば、行動派の彼氏にいつも引っ張ってもらい、彼の言うことなら何でも聞く女性がいるとします。彼は自分の言うことを聞いてくれる相手がいて気持ちがいいですし、彼女は彼に貢献できることが幸せなのです。

ある日、彼女が彼の意見に対して口をはさむことがあったなら、彼女に暴言を吐くこともあるかもしれません。彼女は耐性がないのでパニックになることも考えられます。喧嘩をすることでお互いの自立を助けることもあるのです。

(3)日々の出来事の共有がない

どこかに遊びに行ったとき、「金沢に行ってきた」と伝えたり、仕事の話では「今日はヒマだった」、「忙しかった」など表面的なことを伝え、内容を深堀りした会話がない状態です。

お互いのことをわかっているつもりになっているカップルにありがちな特徴で、コミュニケーションはほとんど取れていません。喧嘩をしようにも、お互いのことがよくわかっていないので深く相手に踏み込めないのです。

喧嘩しないのは別れる前兆?

以前からよく喧嘩していた2人が、気づいたら喧嘩しなくなったと思うことはありませんか? これは一見、落ち着いてきたカップルのように感じるかもしれません。

注意してほしいのは、摩擦を起こすほどのエネルギーを使う相手ではなくなっている可能性があるということです。喧嘩というのは怒りから起こるケースがほとんどですが、その裏には相手を大切に想うからこそ湧いてくる感情や、気持ちを理解してほしい強い想いなどがあります。2人の仲をよりよいものにしたいからこその喧嘩なのです。

それがなくなるというのは、仲を深めることへのあきらめや、他の人にエネルギーを注いでいる予兆とも考えられるのです。

喧嘩が少ないカップルは結婚後うまくいかない可能性も

先ほど例に出した子どもはいらない男性と子どもがほしい女性カップルが「きっとわかってくれるだろう」と、お互いの主張を擦り合わせることなく結婚まで発展したとしたらどうでしょうか。

喧嘩になってしまったとき、男性は「子どもがほしくて結婚をしたとしたら、男なら誰でもいいということか!」などと主張し、女性は「そんなこと思ってない! 私のことが嫌になったのなら、正直にそう言えばいいのに!」と感情のぶつけあいとなり、お互いの価値観を無視し、相手を否定する会話となることもあるでしょう。

これはお互いを傷つけあう後ろ向きな喧嘩です。

数少ない喧嘩が、前向きなものでなく破局につながる喧嘩となるのは悲しいですよね。カップルにおいて喧嘩というのは、末永く幸せに暮らすためのお互いの擦り合わせ作業なのです。

喧嘩は、2人の将来を育てる前向きな摩擦である

喧嘩をせずに仲良くいられることに越したことはありませんが、喧嘩をしないカップルは、お互いの擦り合わせがうまくいかず、思い込みが強くなってしまう場合があります。

世界中で知られ、パートナーシップを世に広めた第一人者であるジョン・グレイ博士が「男女は宇宙人ほどにちがう」と言っているほど、男女はお互いのことをわかっていないのです。恋愛だけで完結するカップルにおいてはお互いを深く知らないまま付き合うのもよいかもしれません

しかしこの先ずっといっしょに生きていくパートナーとして相手を見ているならば、本音でぶつかる前向きな摩擦である「喧嘩」の存在が長続きにつながるでしょう。

相手が大切な人だからこそ、喧嘩によってパートナーシップを育ててみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました